>

小まめに修繕とチェック

仕上げ材によって費用が変わる

鉄筋でも木造でも、仕上げ材によって住宅の修繕費用が異なります。
建設費用が高くなってもメンテナンス費用が少なくて済む仕上げ材を選ぶのか、建築費を節約したいのかどちらにするのかによって積み立て費用が異なります。

戸建てを設計する時に、建築士の方とこの問題について相談をしましょう。
外壁や屋根は素材による違いが出やすい箇所です。
建築費用の予算と修理にかかる費用を検討して購入するのが大事です。

建売の場合はどのような仕上げ材を使用してるかを会社に確認します。
メンテナンスフリーとなっている住宅でも修繕費はかかると思った方が良いです。
最低でも一年間で15万円は用意をするようにすると、戸建てで気持ちよく生活ができます。

メンテナンスをすると長持ちをする

なぜ購入したばかりの戸建てで修繕費の積み立てが必要になるかは、生活をしているとどこかに修理が必要になるからです。
最近はメンテナンスが必要ないという会社がありますが、数十年住んでいるとどこかしら修繕が必要になります。

住宅ローンで余裕がないとせっかく購入してもメンテナンスが出来なくる可能性がでてくるので注意が必要です。

戸建ての住宅を購入する前に、住宅ローンを組み方が多いですが余裕のある金額にしないと修繕費の積み立てが難しくなるので注意が必要です。
ファイナンシャルプランナーに、住宅のローンと合わせて修繕費の積み立ての計画を相談してみましょう。

ある程度住宅ローンが支払い終わると大掛かりな修繕費にまわす余裕が出てきます。


この記事をシェアする