>

積み立の必要性と方法

火災保険が修繕費に役立つ

住宅にかける火災保険を積み立て型にする事で、将来的に必要になる修繕費を用意する事が可能です。
保険の掛け金が掛け捨てより高くなりますが、自力でこの費用を貯蓄をする事が難しい方はこの方法があります。

保険会社によってこの掛け金や満期で戻ってくる金額が異なるので確認をしましょう。
払戻金で足りない金額をどのようにするかを、ファイナンシャルプランナーなどと相談すると良いです。

住宅のライフプランとも言える修繕費の積み立ては、金融機関の住宅リフォーム専用のローンを利用する事が可能ですが、もともとの購入に利用した住宅ローンの残金や年収との兼ね合いがあるので、火災保険や専用の積み立てなどで事前に準備をしましょう。

内容別の費用と住宅ローンとの関係

内装のシーリングや畳、ガスの給湯器などその箇所によって戸建ての修繕費用が異なります。
ふすまの張替えや壁紙などこれらの細かい修理や張替えは建築後5年程度で行う場合が多い内容です。

10年から15年程度たつとキッチンや風呂場など水回りの修理が必要な可能性が高くなります。
毎日使用する場所から劣化が始まると考えた方が良いでしょう。
屋根のふき替えや外壁はかなり費用がかかり、100万円程度がかかると考えた方が良いです。

年に一回程度は住宅の点検をする習慣があると修繕費が少なくて済みます。
ある程度劣化しやすい箇所を把握して点検を行うようにしましょう。
同時期に整備が必要になる可能性があるので、不具合を確認するのが大事です。


この記事をシェアする