>

計画性と相場が必要

戸建ては購入時から修繕費を用意する

理想の戸建て購入を検討している人にとって、毎月いくらの修繕費用を準備するのか知る事が重要なポイントです。
これを知る事で資金計画が立てやすくなります。

理想的なスケジュールとして、毎月三万円程度を積み立てておくと安心です。
5年目安で100万円程度が用意できるとある程度の修繕に対応が可能になります。

戸建てを契約する際に、金融機関などで相談をするのは良い方法です。
自分が購入する物件がどのくらいの積み立て費用が必要か、住宅ローンとあわせてシミュレーションしてもらいましょう。
住宅の修繕にはある程度まとまったお金が必要になるので、マンションと異なり強制ではなので、このような内容をふまえて自分で用意ををします。

平均的な相場と積み立て方

住宅の大きさや設備によりますが、平均的な戸建てが必要となる修繕費は建築して30年程度で800万円程度が目安です。
この金額は大掛かりな修理が必要になる場合の金額で、これ以外に水回りの設備などよく使うか所の修理が予想できます。
これらの数年ごとに必要となる費用が毎年100万円程度用意できると対応が可能です。

自分でなかなか貯められない方は、給与から自動的に行われる財形住宅貯蓄などを利用する方法があります。
住宅ローンを契約する金融機関に相談して、このようなサービスがあるか確認しましょう。

マンションと同じように、戸建てにも修繕が年月と共に必要となるので、自分の住宅に見合った費用を計画的に積み立てるのがポイントです。


この記事をシェアする