戸建てにも修繕費用の積み立てが必要

戸建ての修繕費ってどのくらい?今から始める積立のススメ

購入時から準備

戸建ての修繕費用に必要な金額の相場は、30年から40年経つと800万円程度が必要です。
新築の住宅は販売後10年は建物の重要な個所の修理が、売主側の責任になります。
それ以降は購入者の責任で修繕を行う事になるので、この費用の積み立てが必要です。
築後10年程度になると100万円程度の修繕費用が平均して掛かります。
この平均的な相場から毎月3万円程度が積み立てに必要な金額です。
分譲マンションが毎月1万5千円から2万円程度なので、それより少し多い金額を予定しておくと良いでしょう。

どのようにしてこれらにかかるお金を貯めるかが、相場を知る以外に必要なポイントです。
なかなか自分で貯金をするのが難しい方は、金融機関で取り扱っている専用の積み立てを利用する方法があります。
自動的に毎月口座から引き落とされるので安心です。

戸建てで一番必要となる修繕は屋根の個所の老化や劣化です。
外壁や建具そしてベランダなど、経年と共に修理や交換が必要となります。
メンテナンスを小まめにしていると、一度にかかる費用が少なくて済みますが、放置をしていると大掛かりな修理が必要になる可能性があるので注意が必要です。

修繕個所は一か所だけでなく同時に複数で生じる事があります。
常に100万円程度は準備をしておくと、通常の修繕に対応できるので安心です。
シュミレーターを利用して自分の家がどのくらいの積み立てがいつ頃必要か購入時に確認しましょう。